少林流の型

半月(セイシャン)
足で半月を描きながら前進し、突・受・蹴りを組み合わせた型であり、沖縄古典舞踊も半月共通した足捌きが見られ、 少林流では、この型を基本としている。
アーナンコ
半月の型を変化させたもので、最後の猫足立より、あたかも猫が敵を攻撃する際、尾を立てて、 そちらへ気をそらさせて前足で攻撃するところから得た技、手のひらで腕を叩き音を立てると同時に蹴り、 座りながら金的を突くところを特徴とする。
満月(ワンシュウ)
泊手独特の型で昔、中国人「ワンシュー」とうい人物が泊の武士に授けたもので、体の強健な者に適し、 他の型と違い蹴りが少なく、手技が多い。
相手の攻撃を捌きながら、攻撃に転じるスピードと、ガッチリと受け止める変化のある型である。
五十四歩(ゴジュウシショウ)
この型は、暗がりで人を待ち伏せするように、しゃがみ込んで構えるところが他流になく、 特徴としては、最後に闘鶏から取った、嘴の手で攻撃するところにある。
抜塞(パッサイ)
型の意味としては「要塞を抜く」と云うことで、敵に囲まれた時、自分の身を防御しながら飛び込み、活路を見い出し、手刀・貫手のような素早い技が多く、主に蜘蛛の手の使い方を取り入れているのを特徴としている。
公相君(クウシャンク)
この型は、中国人「公相君」より伝えられたと云われている。
特徴としては、敵の攻撃を、跳んだり、伏せたりしながら、身をかわし機敏な攻撃をするところにある。
また、月夜に手をかざし月光をさえぎりながら攻撃する手法が特徴である。
岩鶴(チントウ)
鶴の岩立ちと言われ、一本足で立つところに特徴があり、且つ四十五度の線上を機敏に攻撃する。
あたかも、一羽の鶴が岩の上で舞っているような非常に優美な型である。
チンオウ
先代奥原文英先生が、中国から持ち帰った型で、喜屋武先生から手を加えてもらい完成させた型。
喜屋武先生から、「少林流の秘伝にしよう」と云われ、現在少林流の後継者のみに伝えられ保存継承されている。
特徴としては、加法・汽法・戟法を取り入れた中国流で、他では見られない貴重な型である。
棒術;徳嶺の棍
 
サイ術;壱の型