全日本空手道少林会について

<目的>
喜屋武朝徳師事奥原文英より中摩曠に継承された少林流空手道を基盤とし、 その伝承と普及ならびに更なる技術進化に向け武の道を探求し事業発展に寄与、 会員相互の親睦を図り人格完成を最終目的とする。

<定義>
少林流空手道を修練している者及び愛好者をもって構成した団体を全日本空手道少林会(以下少林会と記す)と称し、 少林会本部を少林会発祥の地、神奈川県横須賀に置く。(昭和30年に発足)

<事業>
少林会は目的達成の為、次の事業を行う。
1.昇段・昇級審査会の開催。
2.技術研修会の開催と指導者の育成。
3.指導員の国内外への派遣。
4.目的を同じくする他流派との連携。
5.刊行物の発行等による普及事業。
6.レクレーション等の開催。
7.その他、目的を達する為の必要な事業及び研修。
                           (全日本空手道少林会規約より抜粋)


<少林会役員構成>

 ・会長
 ・副会長
 ・相談役
 ・理事長
 ・副理事長
 ・理事
 ・事務局長
 ・会計
 ・会計監査

<少林会伝承図>